2013
12.30

まだ形にもなっていない理想の計画が勧められているのですが、「スーパー送電網計画」と言うのをご存知でしょうか。

いまの現状では夢のような話なのですが、コストを抑えられて、パイプラインさえ強化できれば夢も現実となっていくことでしょう。

ただ、石油であればまだしも、電線を利用する事によってトラブルを招いてしまうこともあり、例えばテロなどで切断されれば大きな打撃となってしまいますので、現実問題として当面は、原子力に頼るしかないと思われますが、ヨーロッパでの自然エネルギー送電への積極的な導入と比較してみると、日本での導入例は小さいものという印象を受けます。

太陽光発電の施設として、ヨーロッパのスペインでは30万kWを目指しており、導入事例をこれまで以上に増やして、製造費用を減らして運用実績を蓄積できるようにしており、効率的な運用環境を開発していく流れなのですが、ヨーロッパの意識を見習う必要があり、危機意識や投資意義など、意欲を持って日本の電力会社や政府も太陽光発電を進めて行かなくてはならなく、ようやく東京都と政府が本気になって太陽光発電を広めていく政策を立てており、日本の経済に良い進展があることを期待しています。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.