2013
12.28

太陽光発電で発電して、余った分を蓄電池に貯めることができるようになれば世の中が変わりますね。

そうなると電力会社も必要になる可能性もありますね。

ただそれがいつになるかわかりませんし、何十年後の話かもしれませんね。

そこまでに私は生きているかわからないですがこういった想像をするのは楽しいことですね。

蓄電池の価格はあまりのも高いので購入するのは諦めたのですが、太陽光発電とオール電化は導入しようと思っています。

確かにデメリットは多く存在しております。

まず値段が高価なことが挙げられます。

蓄電池よりは安いですが、太陽光発電とオール電化を本格的に導入しようと思えば、200万円近くするといわれており、一般家庭に導入する際は時間をかけて、じっくり検討することが必要です。

また太陽光発電を設置するための初期投資を回収するためには何十年もかかる可能性があります。

また発電量は自然に左右されることが多く安定しない場合があります。

しかしこのようなデメリットを考慮しても導入する価値はあると思います。

メリットとしては、メンテナンスが簡単で、グリーンエネルギーでとても環境にいいのが上げられます。

地球温暖化を防ぐためにも、積極的に導入していくべきだと思いますね。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.